PR

今日は雪🐶の健康診断

犬のこと
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

いつもの朝の散歩から帰ってきても、ご飯をもらえず、違う部屋に入れられる。雪🐶はとっても食いしん坊なので、雨🐶が食べてるのを見たら、なんでなん?!キーッ!って怒りそうなので。

昼頃にはすっかり忘れてるのか、拗ねたのか、寝てたのを起こして、自転車に乗せて出発。

夕方にお迎えに来てと、その間、雨🐶は何事なん?て感じもなく、一緒にお昼寝。(来週は雨やで)

予報どうりの雨が降りそうなので、早めに迎えに行く。

先生に呼ばれると、エコーに、レントゲン。去年は背骨の一部に凹みができて、老化現象が診られると。だからこの1年、雪は、負担になるからと抱っこして、あまり階段は登ったり下りたりさせなかった。その甲斐あって?か、今年は改善が見られた。

ホッとしたのも束の間、血液検査の結果を聞くと、良くないことが起こっていた。総蛋白アルブミンの数値が低いと。5年前に腎臓を悪くしたことがあり、その時と同じぐらいの数値だと。そのこともあって、毎月尿検査はしているが、早急に尿検査をしたいと。ちょうど、おしっこも溜まってそうだったので、すぐ帰ったら、案の定賢くしてくれたので、また病院へ。

しばらくして呼ばれると、尿検査に異常はなかった。先生が言うには、腸炎の可能性もあると。前はそれで良くなったので、同じ抗生物質を2週間。その後採血をすることになった。それで改善がなければ、腸炎を疑って、ステロイドを入れる予定になった。

5年前もちょうどこの時期。友人とランチをしていたら、病院から電話がかかって来て、急いで帰ったっけ。あの時の不安が蘇る。怖いことを想像して、帰って雪を抱っこしたら、泣けてきたけど、あまり悪い方に考えず、出来ることをやって行こう。気をしっかり持つことにしよう。

聞いたせいか、今もぐっすり寝ている雪。疲れたのかな。しんどいのかな。。。後二日行ったら、連休だし、そばにいれるから。

https://amzn.to/3U5HeIs

コメント