PR

次女に「嫌いやで」言われました。

家族のこと
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

『産んだ以上は一生子育て』

そんな言葉を聞いたことがあります。

次女は長女とは正反対で、小さい頃から学校であったこととかあまり話さない。少しナイーブなところがあるようで、就職活動がうまくいかず、学生の時にしていたコーヒーショップでそのままバイトをしていました。それが今年になって辞めてしまい、また職探し。で、見つけて来たのが、東京でWEBデザイナーをすると。内定ももらったと。姉の影響もあるのでしょう。一人暮らしがしたいと。

え、いや、ちょっと待て。したい事コロコロ変わるやん。経験なし。貯金もなし。しかも東京。もちろん仕送りなんてできません。猛反対したところ、言い放たれました。私のこと「嫌いやで」と。

下の子って、上の子を見て育つからか、なんとなく要領が良い。上の子が躓いた石を上手く避けるような。このままじゃこの子の為にならない。そう思ってしていた育て方が無理やりだったのかな。

期待しんとって!と。私は何でも反対すると。

期待してたんかな。どっちかと言うと、心配してる。

信用してないのかな。良かれと思ってたことやけど、負担になってたのやろう。

家族が揉めると、うちのわんチャンの調子が悪くなる。雪ちゃん、この頃からずっとお腹が緩い。

次に探してきたのが、住み込みのバイト。そんなに家出たいんか。。

大喧嘩の末、今は週末だけすることに。

娘よ。嫌いでもいいよ。”不幸せになれ”なんて思っている親なんていないのだよ。

夫が説得して、少し緩んだ冷戦状態。今日は豆を挽いてコーヒーを入れてくれました。

コメント