PR

マンゴー届く

今日の出来事
この記事は約2分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

私が生きてる中で続いてるご縁がある。数少ない友達。その友達は、私が初めて就職したところに、中途採用で入って来た。たまたま同じ年で、出た学校も(学科は違ったけど)同じ。ちょっと派手そうに見えた友達。部署は違ったけど(小さい会社やから、部署って言うのは大袈裟)、一年くらい一緒に働いて、私が先に辞めてしまった。辞めてからも、何かと連絡くれて、ほんとに何年かに一回会う友達。遠いところから、車で来てくれて、箕面にご飯を食べに行ったり、箕面の滝までは行かなかったけど、麓のおしゃれなお店でランチしたり、車に乗れない私を、色々連れて行ってくれた。娘たちともご飯を一緒に食べたりした。私がバス旅行に当たって、『坂本龍馬の旅』みたいなのに京都へ一緒に行ったこともある。

その友達が、この時期に毎年マンゴーを送ってくれる。昔、宮古島に遊びに行った時に美味しかったからと。めちゃくちゃ美味しい。結構な値段するはず。だからスーパーのマンゴーは、もし美味しくなかったら…と、買えない。我が家にとって、これは夏の風物詩になっていて、娘たちも喜んでいる。それを今年も送ってくれた。でもうっかり、長女が家を出たことは言ってたけど、次女まで出て行ったのは、ゴタゴタやったから言ってなかった。すぐお礼の連絡と、「もう二人やから多いよ」と、次女もいないことを知らせた。「寂しいなぁ」 そうよ。寂しいのよ。つまらんのよ。

去年のことになるが、その友達が、化粧品のポイントが貯まったと、ホテルのランチに連れて行ってくれた。ご両親の介護が大変で、少しリフレッシュしたいと、便乗させてもらった。正装だというので、そんな服ないもんやから、長女に相談したら、服を貸してくれた。

見たことない皿に乗ってくる料理。そもそもこれ皿か?。全てが食べたことのない味。何これ。食べるたびに絶句。私の人生で一番美味しかった料理。これに決定した。

独身の頃の友達は気を使わなくて良い。親として見てないからかな。私たちは服も会話も浮いてたかも知れんけど、久しぶりに楽しかった。こんな所にボーナス出たときぐらいは行ってみたいなぁ…無理やけど。

『インターコンチネンタルホテル大阪』フレンチレストラン「ピエール」(グランフロント大阪内)

帰りに、ラデュレのマカロンをお礼に渡した。これまた帰って食べるん?思ったやろけど。こんなんなんぼあってもいいもんね。

また行きたいなぁ…

長女がマンゴーをもらいに来るそうだ。

マンゴーの保存方法
冷蔵庫に一つずつラップして。切って冷凍もできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました